Home
聖書宣教会 Japan Bible Seminary

遠藤かおる先生の地上の生涯を主に感謝して


遠藤かおる先生が、6月1日に、地上の生涯を終えて主のみもとに召されました。

これまでの先生のお働き、学舎におけるご奉仕を覚えて主をあがめ、ご遺族の皆様に主の特別の慰めが豊かにありますようお祈りします。

聖書宣教会

2017年6月2日



羽鳥明先生の地上の生涯を主に感謝して


羽鳥明先生が、4月10日に地上の96年の生涯を全うして、主のみもとに移されました。

ご遺族、ご関係者に主の慰めが豊かにありますようお祈りしますと共に、羽鳥先生を通して主がなされた多くの働きを覚えて、御名をほめたたえます。

聖書神学舎にとっては、創立者のお一人であり、教鞭も執り、長年、理事長として学舎を導き、諸教会の祈りと支援の輪を拡げ、整えてくださった主の器です。その信仰と献身を覚えて、主に感謝します。そして、この学舎においても、関係諸方面においても、羽鳥先生によって始められた主のわざがいよいよ前進していきますようにお祈りします。

聖書宣教会

2017年4月11日


卒業式、そして第四期救援奉仕活動へ


本日、第53回の卒業式が行われ、本科卒業生5名と聖書科修了生2名とを主の畑に送り出すことができました。主の恵みと主の教会の支えに感謝して、ここにお知らせいたします。

3.11からちょうど一年となった昨日の主日には、日本と世界のキリストの教会で、震災と日本を覚えてとりなしの祈りが新たにされたことでしょう。祈りの手を上げ続けること、具体的な行動を続けることを大切にしたいと思います。

主に励まされ、皆様のお祈りとご支援に助けられて、第四期救援奉仕活動に行ってまいります。3月13日から岩手県宮古市方面へ、14日から奉仕教会を通して宮城県石巻市へ、15日から石巻市へ、26日から岩手県陸前高田市へ、とそれぞれのチームが出かけます。詳細はブログ(下の記事ご参照)で報告いたします。どうぞ続けてお祈りください。

聖書宣教会

2012年3月12日


東日本大震災 被災地域での救援奉仕活動について


2011年5月9日から18日にかけて、聖書宣教会の研修生と教職員を中心に、宮城県石巻市、岩手県陸前高田市、岩手県宮古市、それぞれの被災地域の教会を通して、地域のための奉仕をさせていただきました。

引き続き、2011年7月9日から14日まで岩手県陸前高田市で、7月18日から25日まで宮城県石巻市で、またその後も奉仕活動をさせていただきます。

この奉仕を祈りに覚えてくださる皆様のため、専用のブログ、および第一期(2011年5月)の奉仕活動の報告書を掲載していますのでご利用ください。皆様の主にあるお祈りに感謝しつつ、ご案内いたします。

  東日本大震災 被災地域での救援奉仕活動ブログ

  東日本大震災 第一期(2011年5月)救援奉仕活動報告書

名前(ID)とパスワードを求められます。
お手数ですが、どちらも半角英文字で
hamura と入力してください。

聖書宣教会

2011年7月20日


東日本大震災の救援奉仕活動への支援に感謝して


皆様のお祈りとご支援に励まされ、主の御手に守られて、今回の10日間(2011.5.9 - 5.18)の救援奉仕活動を無事終了することができました。お祈りとご支援をまことにありがとうございました。

活動中の具体的な様子については、 ブログで報告させていただいています。活動の全体については、改めて報告したいと思います。

続けて被災地域における宣教と復興のために祈ってまいります。夏期調整期間中に、石巻市にキャラバン伝道チームが派遣されることが決まっており、他にも具体的な活動の可能性が話題にのぼっています。主の導きに従って備えることができるようにお祈りください。

聖書宣教会

2011年5月20日

このページのトップへ